1998年

新聞記事

「人工透析者の海外旅行(上)」
1998年11月8日(日)中日新聞掲載
(文頭紹介)
大泉村の我が家の近くに会見仁さん(57歳)という造形作家が住んでいる。彼は2年ほど前から人工透析を受け始めた・・・。


「人工透析者の海外旅行(中)」
1998年11月22日(日)中日新聞掲載
(文頭紹介)
三十三年ぶりにしし座流星群が見られるという夜、私は中央道甲府・昭和インターから車で十五分ほどのところにある多胡透析・泌尿器クリニック(多胡紀一郎院長)にいた・・・。


「人工透析者の海外旅行(下)」
1998年12月06日(日)中日新聞掲載
(文頭紹介)
人工透析者の海外旅行は是か非か、という論争が少し前、新聞の読書欄でにぎわったことがあった。週三回、月におよそ五十万円にも及ぶ透析費用を公費負担されている身で海外旅行などけしからんというのがひとつの意見の流れだった・・・。